部分痩せをするために気になる場所を筋トレする・・実は、この方法では部分痩せができません

筋トレ 腕立て伏せ 筋トレ
Ads

こんにちは。
意地でも痩せたい人だけが見る「やけくそダイエット」へようこそ★
絶対成功する!と自分を信じ、本当に自分の身体の健康のため、未来のために事実と向き合い真剣に取り組みたいと思う方に力になれたら幸いです。

ダイエットをしたいと考えている方は、「痩せたい」「細くなりたい」と言う方が多いと思いますが、具体的に言うとウエストや腕、背中の贅肉を落としたい!と思いますよね。つまり、部分痩せです。

今日はどうしたら理想的なボディを手に入れることができるか?部分痩せと筋トレの関係についてお話いたします。

Ads

気になるウエスト、腕、背中などの部分痩せをしたい時

部分痩せをしたいと思う方の出鼻をくじいて申し訳ないのですが、よく部分痩せをするために、気になる場所(例えばお腹)を鍛えれば、その鍛えた場所が痩せると思う方がいると思いますが、実は違います。

正確には、鍛えた筋肉の周りについている脂肪が燃焼されている訳ではなく、体に付いた脂肪は、エネルギー源として筋肉から均等に吸収され燃焼されていきます。例えるならば、脂肪は1枚の全身タイツでそれを何重にも着ていて、タイツを一枚ずつ脱ぐような感じで脂肪が落ちていきます。つまり、部分痩せというのは物理的に無理なのです。

腹筋に注目して説明します。

1ヶ月腹筋の筋トレをしたからと言って、すぐにお腹周りの脂肪がとれる訳ではないということです。でも、やった人はわかると思いますが、引き締まった気がしますよね?1ヶ月の筋トレでお腹が引き締まったように見えるのは、脂肪がなくなり引き締まったのではなく、腹筋が弱くて内臓が下垂してしまっていたところ、腹筋を鍛えたことで筋肉が育ち(肥大し)内臓支えることが可能になり正しい位置に内臓が引き上げられ納まったからです。

お腹周りには皮下脂肪・内臓脂肪があります。この部分ですが、1ヶ月程度の筋トレでは残念ながら脂肪を十分に燃焼するまで体は出来上がっておらず、ようやく脂肪燃焼する準備ができたというところです。

お腹周りの脂肪ですが、内臓は人間が生きていくには一番守らなくては行けない大切な部位のため、脂肪がつくときはまずお腹周りに脂肪がつきます。そして厄介なことに燃焼して消えてなくなるのは、全身の中では一番最後なるため脂肪の層が厚くできています。よってお腹周りの脂肪をなくすには、長期の努力が必要になります。

でも、諦めないでくださいね。できないわけではなく、”時間がかかるだけ”です。脂肪を効率よく燃やし、少しでも早く痩せる方法があります。

Ads

部分痩せを成功させる方法

部分痩せをするにはどうしたらいいか?ですが、部分痩せは前述したとおり、全身タイツを脱ぐのと同じですから体の構造上無理となりました・・・。

そこで、「部分痩せ」の考え方を下のように変えて欲しいのです。

タイツを脱ぐスピード=脂肪を燃焼するスピードを早くするにはどうしたらいいか?

部分痩せではなく、筋肉を増やし脂肪燃焼スピードをあげれば、必然的に脂肪の層が薄くなっていき各部位が痩せて細くなるという考え方です。

脂肪は全身の筋肉から均等にエネルギー源として吸収され燃焼されるといいましたが、筋肉は体の部位によって大きさが異なります。大きい筋肉を動かすには多くのエネルギー源が必要で、小さな筋肉を動かすには少ないエネルギーで動きます。

つまり、筋肉の大きさによって脂肪燃焼するスピードが変わってくるということです。

車で例えると、軽自動車で高速道路を走ってるとして、通常のエンジンよりターボエンジンの方が馬力出て早く走れますよね?そのかわり、ガソリンもその分消費して早くなくなります。

人間も同じです。

小さい筋肉より大きい筋肉の方が、脂肪を燃焼する力があって早く燃焼できます。

筋トレで大きい筋肉を鍛えて筋肉量を増やせば、脂肪が早く燃焼される

結果、痩せる・細くなると言うことになります。

それでは大きい筋肉はどこでしょうか?

脂肪をたくさん燃焼させるには、ハムストリングを鍛える

腕の筋肉と足の太ももの筋肉って大きさ違いますよね?

いくら腕の筋肉を鍛えても、太ももの筋肉の大きさには勝てません。小さい筋肉より大きい筋肉の方が、脂肪燃焼力が高いのですから、効率よく脂肪を燃焼するなら太ももの筋肉を鍛えた方が全身の脂肪は早くなくなります。

中でも人間の筋肉で一番大きい筋肉と言われているハムストリング。名前だけは聞いたことある人もいるかと思いますが、あしの太もも裏の3つの筋肉の総称です。

場所でいうと、この写真の赤枠で囲んだ筋肉の場所です。

うぉ〜、人体模型急に出すなよ〜怖いよ〜!進撃の巨人みたい!なんて言わないでくださいね。みなさんの体にあるものですよぉ(笑)

ダイエットする時に筋トレでスクワットをやった方が早く痩せるというのは、この筋肉を刺激するからです。スクワットは足の筋肉を鍛え肥大させるには一番効果的な方法であり、このハムストリングが一番大活躍する筋トレです。

またハムストリングをはもちろん、太もも前の筋肉は腹筋へと伸びるため腹筋の強化、腰回りや背中の筋肉まで鍛えることができるので腰痛や骨盤傾向を防いだりウエストを引き締める効果があるなど、ダイエットするのに効率がいいのです。

スクワットなんてしたら足が太くなる!と心配される方は、やればわかりますが100回200回程度では足太くなりません。スクワットで足が太くなる方は、、スクワットをもっと増やしたり、ダンベルなど持って負荷をかけたスポーツ選手並みの激しいトレーニングをしないと大きい太ももが作れません。

相当少なくとも、日頃あまり運動していなくて30daysチャレンジ系のメニューを初めてする方の場合、1ヶ月のメニューでで250回目指して行いますが、逆に足が引き締まって細くなります。

<参考>スクワットの詳しいやり方はこちらから↓

<筋トレ>1ヶ月でウエストがくびれてヒップアップするにはスクワット
1ヶ月でお腹を凹ましたいなら、ウエストのくびれとヒップアップに効果大のスクワット。効率よくダイエットするための方法をお伝えします。
Ads

本格的に下半身痩せ、美脚を手に入れたいならプロに力を借りよう

今までは自宅でのセルフトレーニングの話をしてきましたが、もし本格的に下半身をどうにかしたい。美脚を最短で手に入れたい!と思う方は、下半身にフォーカスしてダイエット・美脚を実現させるプロに力を借りましょう。

女性向け下半身ボディメイクスタジオB-CONCEPT

B-CONSEPTは、女性専用下半身トレーニングに特化したパーソナルトレーニングジムです。
柔軟性・骨盤のコントロール・足の重心の置き方をレクチャーし、裏モモ、お尻、内モモなど、「ここを引き締めたい!この脂肪を落としたい!」という希望に沿ったトレーニングメニューを作成、美脚を作る指導をするところが特徴です。

美脚というとエステが思いつくと思います。
エステの特徴は、マッサージなどで一時的な引き締めや脚やせ効果をえることができますが、短期的な効果を得ることを目標としています。
明日の結婚式に!デートに!という場合はいいかもしれませんが、長期的目線でいうと維持するのは経済的に大変な側面があります。

長期的に継続して体型を維持させる一番簡単な方法は、自身で筋肉を鍛えることが必要です。エステに何度も通うより、筋肉を育て体の根本から体質改善を行うことで長期的に美脚を維持することが可能になります。
世界のトップモデルは、ただ細いだけではなく厳しいボディメイクトレーニングを積みしなやかな筋肉をつけ体型を維持しているは有名な話です。
また、バレリーナのように細く引き締まった足も、柔軟性を養うための厳しい体幹トレーニングを行なうことで、美脚を維持しています。

B-conseptは、ただ下半身の筋トレをするだけでなく、柔軟性や美脚を手に入れるための姿勢矯正も行うことで、下半身のトータルプロデュースをしています。

自宅トレーニングだけでは、いつ効果が出るか不安・・。確実な方法で成果が見えるトレーニングで、部分痩せをしたい!短期集中でトレーニングしたい!と思う場合は、プロの力に頼るのもひとつの方法かと思います。

▼2ヶ月最短で脚やせを手に入れる

*****

以上、部分痩せについてのお話でした。今日の話は部分痩せしようと思って頑張っていた方には、に耳に水の話だったかもしれません。

ダイエットの目的を”痩せること”にフォーカスした時、目標とすべきところは「脂肪を燃焼させ減らすこと」「体脂肪率を下げること」です。

もし引き締めや、ヒップアップをしたい!と言う場合は、脂肪燃焼を重点に行うダイエットから”ボディメイク”といって筋肉量を増やし筋肉をバランスつける方法へと、トレーニングをシフトする必要があります。

そう、いわゆるジムでダンベルやマシーンを使ってトレーニングするアレを本格的にする必要があります。男性ならボクサーのようなムキムキの筋が入る体へ、女性はただ細いだけではなく、パリコレモデルのような美しく引き締まった体へと作り上げていきます。

ボディメイクと頭の片隅に入れておくとこの先役に立つと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

+ + + + + + + + + + + + +
ご覧いただきありがとうございます。
記事参考になったよ〜!って思ったら、
ボタン押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

+ + + + + + + + + + + +

コメント

タイトルとURLをコピーしました